家計管理

共働き家族の家計管理

はるママ
はるママ
インデックス投資をはじめる前に毎月の収支のうちどのくらい貯蓄にまわせるか考えないといけません。

そのためにはざっくりでも良いので予算を決めて家計簿をつけた方が良いです。

はるママ家の家計管理

はるママ
はるママ
夫婦共働きの2馬力です

家族構成は夫婦と3歳の娘1人の3人暮らしです。共働きですがお財布をひとつにして家計管理は私が行っています。
東京23区内約50㎡2LDKの賃貸マンションで暮らしていますが、夫は現在単身赴任中です。
赴任先の住宅費は給与天引き、生活費のうち電気水道・通信費は口座振替、その他の生活費と小遣いは毎月振込みで渡しています。

はるママ
はるママ
夫は元々超浪費家だから小遣い足りなくて追加で渡してたりするけどね・・・

夫の単身赴任が終わるまではしばらく二世帯分の生活費が発生します。単身赴任手当は交通費で消えてしまうのでなかなか厳しいです。

はるママ
はるママ
その代わり娘の保育料が来年度から無償化対象になるのはありがたいです!

月の支出を大きく3つに分ける

はるママ家では固定費・生活費・その他の3つに分けて管理しています。

固定費

固定費ほぼ固定支出
内訳住宅費車は持っていないので純粋に家賃の分
水道光熱費二世帯分の電気・ガス・水道料金
保育料娘の認可保育園の保育料
通信料インターネット回線とスマホ代
保険料夫の生命保険料と妻の医療保険料

電気は楽天電気、スマホは格安SIMを使っています。

楽天でんき&ガスをポイント払いにして節約!こんにちは、共働く母のはるママです。 http://tomobatahaha.com/rakuten-spu/?p=376...
kakuyasusim
格安SIMスマホで通信費を節約 はるママと夫は2015年に大手キャリアからIIJmioの格安SIMに乗り換えして月々の携帯料金を大幅に下げることに成功しました。 ...

夫の生命保険は遥か昔に加入していたお宝保険なので解約や払済にせずそのまま、妻の医療保険は貯蓄型であと10年程で期間終了なのでこれもそのままにしています。

生活費

生活費変動支出
内訳食費夫婦別の飲食代は除く
日用品費二世帯分の日用品費
娯楽費旅行や日帰りレジャーは除く
雑費おもちゃや医療費など

家族旅行や近場への日帰りレジャーは特別費からの支出としているので娯楽費からは除いています。娯楽費に計上しているのは毎週自動購入している宝くじのロト7やスポーツくじのBIG、ゲームセンターや子どもの遊び場での出費など。
娘関連の出費、雑貨、病院や薬局で掛かった医療費(入院手術は除く)は雑費に計上しています。

その他

その他固定費と生活費以外
内訳小遣い夫婦別の飲食代、被服費、美容理容費など
特別費旅行・帰省・冠婚葬祭・入院手術費用・引っ越しなど
貯蓄先取り+α(残った分)

夫婦別々で発生した飲食代(ランチや飲み会やカフェでの休憩など)やそれぞれの服靴小物系などは全部小遣いとして計上しています。娘の服やヘアカット代に関しては雑費に計上しています。

はるママ
はるママ
特別費は年間でざっくりの予算を立てています。

引っ越しや出産含む入院手術など比較的高額な出費や冠婚葬祭に関する出費は年間の特別費として別途管理しています。

はるママ
はるママ
インデックス投資は自動積立て設定で先取り貯蓄しています。

余ったお金は特別費への繰入れ(これもざっくり)と生活防衛資金として口座に残しておきます。

毎月の手取り額からの割合

はるママ
はるママ
毎月の予算(目安)は手取り額からの割合でざっくり決めています。

固定費は状況の変化でたまに見直します。生活費は内訳通りの割合よりも生活費全体の割合が予算内に収まっていればOKといった感じです。

固定費43%
内訳住宅費24.5%
水道光熱費4.5%
保育料8.5%
通信料2%
保険料3.5%
生活費17%
内訳食費12.5%
日用品費1.5%
娯楽費1.5%
雑費1.5%
その他40%
はるママ
はるママ
特に気をつけているのは生活費!

娘の保育料が無償化されたり単身赴任での二重生活が終わればまた割合は大きく変わることになります。
今の段階では生活費が手取りの15~20%以内に収めていれば良いかな、といった具合です。

はるママ
はるママ
ボーナスの使い道はちょっとおいておきます。

家計簿アプリとエクセルで資金繰りを管理

気づいた時にお財布に溜まったレシートやネット決済した内容を家計簿アプリに入力しています。

はるママ
はるママ
入力し忘れることもよくあります(笑)

はるママは結婚前から浪費家ながらも支出の入力だけはしっかりやっていました!

はるママ
はるママ
なぜならそれが日記代わりになるからです。

最近はあまり現金を使わずにクレジットカード○○Payなどのキャッシュレス決済でWEB明細やアプリから利用履歴を随時チェックしています。
資金繰りはエクセルで管理していて、1年分くらい先までの予測を作って資金がショートしないよう随時チェックしています。

キャッシュレス決済利用時の考え方

家計管理において、クレジットカードを使ったら使った分だけの現金を別封筒に入れておくという方をよく見かけます。
はるママ家では現金はなるべく口座から下さないようにしているので、そういった面倒な作業はしていません。
銀行口座や証券口座は全てネット上で管理しているので、必要があれば手数料が掛からないように口座間で資金を振り替えています。
クレジットカードの利用分は支払った日に計上しているので、家計簿上の残高と実際の銀行口座の残高は一致していません。

はるママ
はるママ
1年先までの資金繰り予測をしていれば資金がショートする恐れはありません。

まとめ

はるママ家では毎月きっちりと家計簿を管理しているわけではなく、月の支出の目安をざっくり決めて使いすぎてないかチェックしている程度です。
その月の支出額が目安よりも大幅に超えている場合は翌月以降の支出を少し抑えるように努力します。
過度な節約で我慢して苦しい思いをするよりも、家族みんなが笑顔で健康的に暮らせるような家計管理を心掛けています。

はるママ
はるママ
無理をしない節約でみんなが幸せになれるといいな。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村